glay-usagi’s diary

ASDグレーゾーン「うさぎ」の、理解されない人生の記録

20190623192406

優しくてあったかい人

20190714150235

 

考察シリーズはちょっと休憩です。思ったよりも書くのが難しく、時間が掛かります。数ヶ月前に気づいたことならまだ言語化しやすいのですが、考えながら同時進行で書くのは結構疲れます。なんとなく自分をえぐっているような感じがして、少し落ち込みます…

 

今回は、先日大好きな人と飲みに行くことができたので、その楽しかったことを書きたいと思います。知り合って1年ちょっと。やり取りは時々していましたが、会うのは久しぶりでした。

本当は一週間前の約束だったのですが、寝坊してドタキャンをし、翌週に延期してもらった経緯がありました。再び都合を付けて頂けて、とても有難いです。実は私は、この寝坊してしまうパターンがとても多いのです。

関西などのものすごく遠くに行くときは、行くこと自体に緊張しているので別ですが、都内など近場で会う約束があると、度々寝過ごして相手に迷惑を掛けてしまうことがあります。仕事や大勢での集まりなら、余りありません。個人的に会う場合によくやらかします。

原因はわかっています。寝不足です。嬉しくて楽しみにし過ぎて、2、3日前からそわそわして落ち着かなくなり、ほとんど寝られなくなってしまいます。完璧に出掛ける準備をして、後は家を出るだけの状態になると、ホッとして急に眠たくなり、ちょっと数時間だけ仮眠… のつもりが後の祭りです。

これは昔からですが、現在は夜勤で仕事をしていることと、元々睡眠が不規則なことが重なり( → 参考記事: 寝られない、起きられない ) 、なかなか巧く調整できません。楽しみで張り切り過ぎるほど、このパターンに陥ります。その分、相手に迷惑を掛けてしまったことと、会えなくなったことを、いつもとても悲しく感じています。本当にごめんなさい。

 

今回会えた人は、私にとってお父さんみたいな人です。私には、お兄ちゃんやお父さんのような人が何人かいます。歳は関係ないです。彼をお父さんと呼ぶのは、実際には失礼です。でも、優しくてあったかくて、一緒にいるととても安心できる人です。

私は自分のことをたくさん喋りました。いつもは聞く側ですが、彼は色々と質問してくれるので、自分でも驚くほど色んなことを話してしまいます。毎回そうです。近況や仕事のこと、家族のこと、過去のこと…

 

それで、とても迷いましたが『言う練習』だと思って、このブログに書いているようなことを話しました。なかなか言葉が出ずに、涙ばかりが出てしまいました。彼にはいつも甘えてばっかりです。

私は自分が喋るのに必死で、彼がどんな表情で聞いていたのかはよく知りません。でも、特に否定もせずに、ずっと聞いてくれたような気がします。はじめの方は覚えていますが、その後なにをどれだけ話したのか、ほとんど覚えていません。

でも、話せた… すごくホッとしました。その後、お酒が入っていたこともあり、言う必要の無い発言までしていたことを、翌日になって思い出しました。それは本当に恥ずかしいです。気が緩み過ぎました…

 

前回、人に話してから一年以上ずっと、誰にも言えませんでした。( → 参考記事: 変には見えないよ! )  自分のことを話すのは怖いです。でもやっぱり、好きな人には知ってもらいたいと思ってしまいます。

私は、自分を弁解したいのだと思います。もし気に障るようなことをしてしまっても、嫌いだからでも困らせたいからでも無いと。自分では良いと思っていたり、よくわからないでやってしまっているだけだと、相手にわかって欲しいのだと思います。嫌われたくないです。狡いのかもしれません。

 

彼は、私の変なところをひとつ教えてくれました。言われたときは余りピンと来ませんでしたが、先の発言と共に、後になって段々と状況が理解できました。それは恥ずかし過ぎて、ちょっとここには書けません…

その後ももしかしたら、私は彼とのやり取りを間違えているかもしれません。思っても言ってはいけないことの判断を、私はよく間違えます。ちゃんと考えてはいるのですが、相手の反応を見て「あれ?」と思うことが多いです。

それでも今まで通りに接してくれて、本当にありがとうございます。すごく救われています。彼が何を感じているのかは、全然わかりません。またいつもみたいに、気づかない内に離れて行ってしまうかもしれません。それでも今、とっても嬉しくて幸せな気持ちがするのです。また話したいな!

 

( →:【うさぎ年表】での分類:ブログをはじめる )