glay-usagi’s diary

ASDグレーゾーン「うさぎ」の、理解されない人生の記録

20190623192406

※ アスペルガーに見えない,

国語の文章問題が得意なワケ

心理学スクールの授業内容はとても良く理解できるのに、人の気持ちがわからない… そこで思い当たったのが『事実が言語化されたものならわかる』ということでした。前回の続きです。( → 前回の記事: 心理学スクールでのうさぎ ) 私は幼い頃から、ずっと人の言…

あらゆることを想定する

一時期あるCMで流行った言葉を、まさか自分がこんなに実感する日が来ようとは思ってもいませんでした。まさに「想定外」です。人生とは思いも寄らないものです。 私は『マスク』のおかげでずっとコミュニケーションに自信を持って生きて来ましたが( → 参考記…

『マスク』について

前回の記事に引き続き、また「本を処分してしまったようで、手元のメモしかない」状態で書くことになります。本当に悔しいです。この『マスク』については、私にとってはとても重大な内容なのに… その本には、DSM-5(精神障害の診断・統計マニュアル第5版)の…

変には見えないよ!

約一年前。その頃とても親しくなった二人の友人に「実は発達障害かもしれない」と打ち明けたことがあります。風俗で働いていたことは既に話しており、それでも変わらずに親しくなったので、言ってみようと決意したのです。 それはとても勇気のいることでした…

目を見て話せること

アスペルガーではない!と感じたことのひとつ。 私はしっかりと、人の目を見て話ができます。幼い頃から、人と話をするときにはいつも目を見ています。「アスペルガーだったら人と目を合わせない」と言われています。だから自分は、違うと思っていました。 …