glay-usagi’s diary

ASDグレーゾーン「うさぎ」の、理解されない人生の記録

20190623192406

▽ 人間関係の記録,

「あー、っぽいかも…」

前回の続きになります。私の高校時代からの友人、マリとのエピソードです。 ( → 前回の記事: 唯一の旧友 「マリ」 ) 「また離婚をして引っ越しました」と年賀状に書いたら、彼女が家に遊びに来てくれました。私は久しぶりの一人暮らしにほっとして元気でした…

唯一の旧友 「マリ」

高校一年の4月以降、ずっと私のことを知ってくれている友人がいます。彼女とは、もう20年以上の付き合いになります。ここでは「マリ」と書くことにします。 マリは高校の同級生ですが、私の一番旧い友人です。私には、それ以前の友人がいません。中学校まで…

『両翼』

頭の中に書きたいことがいっぱいあるのにまとまらず、書きかけの下書きばかりがどんどん増えていました。とうとう自分が何を書いているのかがわからなくなり、暫くブログをお休みしていました。 最近、色んなことがありました。実際には何も起きていないので…

師匠のこと

今から約4年前のこと。私は人の気持ちが全くわかっていないのではないか…? 師匠と思える人に出会い、生まれてはじめてそう疑問を持ちました。 私は師匠が大好きでした。聞きたいことが山程あったので、顔を見れば捕まえて色々と話をしていました。しかし徐…

リセット症候群

三年前、人の心理について勉強をしていた頃、ネットではじめて『人間関係リセット症候群』という言葉を見て「あ、私だ」と思いました。 それはそれまでの人間関係、縁などを突然全て切ってしまう人の傾向を表した、比較的新しいネーミングです。SNSのアカウ…

「うさぎの印象」その6:総括(まとめ)

シリーズ第六回、最終回は「総括」です。 ( → シリーズの概要はこちら: 「うさぎの印象」その1:人目を気にしなさそう ) 今回この件に回答をしてくれた、私の同期のお兄ちゃんたちのことを少し紹介したいと思います。お兄ちゃんは3人います。私を入れて、同…

変には見えないよ!

約一年前。その頃とても親しくなった二人の友人に「実は発達障害かもしれない」と打ち明けたことがあります。風俗で働いていたことは既に話しており、それでも変わらずに親しくなったので、言ってみようと決意したのです。 それはとても勇気のいることでした…